brackets1_2

無償コードエディター Brackets 1.2 リリース

Date

Tag

Photoshopで作成されたPSDのデザインカンプからコードヒントを得られるようになるなど、最近話題の無償の軽量コードエディター、Bracketsの最新版「1.2」が、3/2付けでリリースされました。

hero

今回のバージョンの主な新機能は以下の通りです。

Release 1.2 – 2015-03-02 ( リリースノート[英語] )

  • ドラッグ&ドロップでテキストを並べ替え – dragDropText 環境設定を有効にすると、選択したテキストをドラッグ&ドロップできます。複数選択にも対応しています。
  • CSS カラー名のヒント – カラースウォッチのプレビューなど、CSS/LESS/SCSS で標準の名前付きカラーのコードヒントが表示されます。
  • SVG コードヒント – .svg ファイルで、タグ、属性、名前付きカラーのコードヒントが表示されます。
  • Windows の高 DPI のサポート – 高 DPI ディスプレイでは、テキスト、アイコン、イメージが自動的により鮮明にレンダリングされます。
  • 検索の目盛りマークインジケーター – 検索/置換のスクロールバーで、現在選択されている検索結果の目盛りマークが強調表示されるようになりました。
  • ウィンドウ配置の改善 – Windows では、モニターの接続が切断された後や、画面解像度が変更された後でも、Brackets が画面上に配置されたままになります。

 


ドラッグ&ドロップでテキストを並び替え

Bracketsはこれまでテキストをドラッグ&ドロップして、編集することができませんでした。今回のアップデートで、ユーザーからの要望が多かったこの機能がサポートされています。ただし、環境設定ファイル(brackets.json)を自分で編集する必要があります。

手順:

1. 環境設定ファイル(brackets.json)を開く
「デバッグメニュー」>「環境設定ファイルを開く」

2. dragDropTextプロパティを追記する
※この作業が不安な方は、brackets.jsonファイルをバックアップしておいてください。
環境設定ファイル(brackets.json)の一番下の行に「}」があります。(下図の場合は、161行目)

Bracketsの環境設定ファイル(brackets.json)

その一つ上の行(上図の場合は、160行目)の終端に、「,」を打って改行し、

“dragDropText”: true

と書き加えて下さい。

スクリーンショット 2015-03-03 11.06.20

3. Bracketsをリロードする
「デバッグメニュー」>「拡張機能付きでリロード」

4. テキストを選択して、ドラッグ&ドロップする

これでテキスト編集作業を頻繁に行うコーダーさんは、少しは楽になるかもしれませんね。

 


 CSS カラー名のヒント

CSSでフォントカラー(colorプロパティ)やバックグラウンドカラー(background-colorプロパティ)などのカラープロパティを記述する際に、W3Cカラーネームのリストがスウォッチと共にコードヒントに出現するようになりました。

colorhint


 

その他、Dartファイルのシンタックスハイライトや、PageUpやPageDown、Homeなどのカスタムキーバインドのサポートなどの他、多数のバグフィックスが含まれています。詳細はBracketsチームブログ(英語)Brackets 1.2 リリースノート(英語)をご覧下さい。